起業に必要なこと

起業に必要なことって何だろうと考えました。

扱うサービスが優れている場合、営業力は弱くても何とかなるかもしれません。もし扱うサービスが他とあまり差別化できないのなら、営業力が強くなければ展開できません。

粗悪な商材を扱う会社で営業すると、たくさんの営業スキルが身に付きます。売らないといけないので必然的に。
じゃ貴方が起業して扱うサービスはどうでしょうか?
ここで皆さん勘違いをされるのでスムーズに展開しません(私は何度も失敗しました)。

起業に胸を膨らませ、輝かしい未来を妄想し、このサービスをたくさんの方に提供するんだと目を輝かせ、「このサービス内容なら必ず成功する」と、勘違いしていませんか?
あなたが扱うサービスが本当に優れているなら、ほんの少しの営業でみるみるクチコミで拡がり、いつの間にか手一杯になっているはずです。

起業して1年経っても2年経っても上向かない場合は、そのサービスはハッキリと疑いましょう。そして、そのサービスを続けるのなら改善が必要です。

サービスの差別化とよく言われますが、それは「同じフィールドで戦っている中でのこと」です。貴方は駆け出しの新米で業務の流れも出来ておらず、資金力もありません。
サービスの価値や他より優れている点がありますと言う方は、そのサービスを模倣できる人や企業があるかないか、考えてみてください。ほぼ模倣されるはずです。そして資金力のある方が生き残ります。

そのサービスの、商圏・価格・ターゲット・扱う貴方の認知度など、その差別化を考える事は重要ですが、その優位性に甘えず、もし差別化出来ていたとしても「差別化できていない」状態だと考え、営業方法を考えるべきです。

トライアル・アンド・エラーを繰り返す事のできる方なら良いですが、ほぼ皆さん独学の一発勝負です。
ウェブで集客する事も必ず考慮しますが、「どんなプロセスで集客するのか」がイメージできない状態でブログやSNSやマイビジネスを更新しても成果はありません。

例えば、自身が何かのサービスを受けると決めるまでの流れを思い出してみて、

  • 自分がその車を購入すると決めたまでの流れ。
  • 自分がその店を予約するまでの流れ。
  • 自分がその会に参加した流れ。

上記のサービスを知った経緯から、自分の気持の変化も含めて購入に至るまでのプロセスを組み立て、それを自身のサービスに当てはめ、当てはめたストーリーに沿って、ウェブ集客の流れを作ってみませんか?
良いサービスも見込みの目に留まらなければ、なんの進展もありません。

こんな内容でセミナーしようと決めながらの業務スタートです!
今日も1日やったりましょう!(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。