御社のサービスをサブスク化します!

希望されるキーワードでの上位3件以内での表示89%
2021年度のサポート企業様83社
Googleビジネスプロフィール代理店
Google認定フォトグラファー
――――――――――
MEO対策、SNS対策はもちろん、
GoogleビジネスプロフィールとSNSの記事の投稿代行する業者は、たなべ企画だけです。
https://tanabe-kikaku.com
――――――――――

たなべ

一定のサービスを、毎月定額で提供する「サブスク」が人気です
提供する企業側のメリットも多く、軌道に乗れば毎月一定量の売り上げを予測する事が出来ますし、様々な自社サービスをサブスク化することも出来ます。
まずは1つ、サブスク化して新しいサービス提供の方法を展開しませんか?

サブスクとは?

サブスクとは、一定の料金を支払うことで、決められた製品やサービスを継続して利用することができる形式のビジネスモデルのことです。
最近ではU-NEXTやAmazonプライムなどの動画配信サービスや、Microsoft社のWORDやEXCEL、Adobe社のPhotoShopやillustratorなどのビジネスソフトや車や居住空間のサブスクもあります。

サブスクのメリット

提供側のメリット

  • 予測できる、継続的な収益を得られる。
  • 新規獲得しやすく、利用者数を増やす手法が見つかれば、継続して売り上げが増える。
  • 顧客の利用状況などを把握できるため、サービスの質を的確に上げることができる。
  • サブスクで取引を続けることにより顧客のサービス受容の閾値が上がり他のサービスも受けて頂きやすくなる。
  • 様々なサービス・な商材に導入できる

享受側のメリット

  • 利用開始のハードルが低くコスパが良い。
  • 購入の必要が無く、商品の管理の必要が無く手間がかからない。
  • 定額制なので、料金の支払いの手間が無く毎月の支払い額の計画がしやすい。
  • いつでも登録・解約ができる。

サブスクのデメリット

提供側のデメリット

  • サブスクを導入するためのツールや支払い方法などのノウハウが必要。
  • 収益を積み上げていくため、サービス提供当初は費用対効果が低い。
  • サービス内容を作り込んでからのサービス提供となるため準備が必要。
  • 同業他社のサブスクサービスとの差別化が必要。

享受側のデメリット

  • 利用しなくても毎月一定の料金が発生する。
  • 利用しやすい為、気が付くと費用がかさむ可能性がある。
  • 自身は利用しないサービスも付加されている場合がある。

サブスクを導入するには?

サブスクの最近の統計では、一度サブスクの契約をした方の35%が解約しないとの統計もありますし、一定のサービスで顧客数で売り上げを予測できるのは経営に優しい仕組みではないかと考えます。

サブスクを導入するには以下が必要です。

  • サブスク化するサービス・商材
  • 毎月定額支払いして頂く為の仕組み。
  • サブスクを紹介するための仕組み。
  • 毎月サービス・商材を提供するための仕組み。

たなべ企画では、サブスクを導入するサポートをさせて頂きます。
また、サブスクでの売上向上のサポートも致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。