Webサイトへの不正なログインを防ぐ

『希望されるキーワードでの上位3件以内での表示確率89%』
『詳細なアクセス解析レポートを毎月お届け』
『2021年度のサポート企業様83社』
――――――――――
MEO対策、SNS対策はもちろん、
GoogleビジネスプロフィールとSNSの記事の作成からアップまで代行する業者は、たなべ企画だけです。
https://tanabe-kikaku.com
――――――――――

たなべ

以前も書きましたがWebサイトの30%以上がWordPressで構成されています。
MicrosoftのOSもそうですが、シェアを占めると不正アクセスのターゲットにされがちです。

WordPressもご多分に漏れず、不正ログインされないように対処する必要があります。

使用されたことのある方なら分かると思いますが、ログインのURLは規則性があります。

https://サイトドメイン/wp-login.php
https://サイトドメイン/wp-admin

上記がログイン画面のURLとダッシュボードのURLです。

サイトドメインに「wp-login.php」か「wp-admin」を追加すればIDとパスワードの入力画面が表示される仕組みです。

この画面のURLが分かっていれば、あとはIDとパスワードを認識できれば不正ログインが出来てしまいます。

なので、このURLを独自のものに変更するだけで不正アクセスを防ぐ効果があります。

不正アクセスしようとした人に表示するページを指定できます

ログインURLを独自のものに変更するプラグイン

WPS Hide Login

こちらを使用します。
他にもありますが、これが一番評価が高く使用率も高いです。

  • プラグインの「新規追加」を選びます。
  • プラグインの検索窓に「WPS Hide Login」を入力し選択します。
  • 「今すぐインストール」を押します。
  • 「有効化」を押します。
  • メニューの「設定」から「WPS Hide Login」を選びます。
  • ログインURLを任意のものに変更します。

この作業で、ログインURLが変更されます。

Webの事、
集客の事なら、
なんでもお気軽にご相談ください!

今日も1日やったりましょう!(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。