SEO対策の「キーワード出現率」は必要か

希望されるキーワードでの上位3件以内での表示89%
2021年度のサポート企業様83社
Googleビジネスプロフィール代理店
Google認定フォトグラファー
――――――――――
MEO対策、SNS対策はもちろん、
GoogleビジネスプロフィールとSNSの記事の投稿代行する業者は、たなべ企画だけです。
https://tanabe-kikaku.com
――――――――――

たなべ

「キーワード出現率」とはそのページの中に、どれだけの比率でどんなキーワードが含まれているかの指標です。
一昔前は、文字数〇〇以上のページ構成にして、キーワードはその中で〇%の出現率にしよう!なんてやってましたが、最近のGoogleさんは記事がどれだけ自然体かを認識しているので、キーワード出現率は関係ないんじゃないかと思います。

キーワード出現率とは

文中にどのくらいの頻度でキーワードが記載されているかという割合の事です。
検索で上位表示をさせたいキーワードが、そのページ内に記載されていなければ、検索結果に表示されることはありません。
以前はこのキーワードをどの割合で記載するかが重要とされ、文章の構成などはいわばそれメインで構成していた事もあります。
また、大昔の話では、白いバックに白い文字でキーワードを書きまくっているというページもありました。Googleも日々進化し、そのようなページは取り上げないばかりか、順位が下がるという状況もありました。

では、現在はどうなのか

結論から言うと、「title」タグや「H1」タグにキーワードが入っていればよく、文章は限りなく自然に書くことが重要です。
自然に文章を書いていれば、自然とキーワードが入ります。Googleはこの点も考慮して表示順位を決めています。

また、検索された方の検索時のキーワードに対して適切な説明のあるページ作りが重要です。
Googleは、「より最新で」「より大量で」「より正確な」情報が掲載されているページを重要視します。

細かなノウハウを駆使するより、Googleの大きな使命に添ったページ作りが検索上位表示につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。