SNSは何かあった時に書くものではありません

『希望されるキーワードでの上位3件以内での表示確率89%』
『詳細なアクセス解析レポートを毎月お届け』
『2021年度のサポート企業様83社』
――――――――――
MEO対策、SNS対策はもちろん、
GoogleビジネスプロフィールとSNSの記事の作成からアップまで代行する業者は、たなべ企画だけです。
https://tanabe-kikaku.com
――――――――――

「SNSは効果が無い」と言われる方は読んでください。
より多くの方に記事を読んで頂き、仕事に結び付けたいなら、以下を意識して頂けると効果につながるはずです。

<気を付ける点>

記事はデフォルトでは時系列に表示されません。閲覧する方との関連性も考慮して表示されます。例えば記事にコメントした、いいねした、メッセージを送った等の行動は、閲覧者の関係性を深めます。
また、「記事を目にした」をいう点も関係性を深めます。
なので、「何かあった時だけ記事を書いている」SNSは、閲覧者のタイムラインに表示すらされていない可能性が高いです。

・記事を書く時間帯によって、閲覧数は変わります。例えば11時に記事を書いた後で閲覧者が12時にSNSを開いた場合、その1時間の間に何人が新着の記事を書いているかで表示の順番が何番になるかが変わります。
タイムラインは時系列に表示されませんが、それでも記事を書く時間は何度か意識して掲載しながら確認するとよく見られる時間帯などが図れます。

・飲食店などで散見するのが「美味しいから来店してね」と書くもお店の場所や連絡先を書いていない記事は、美味しそうだから来店したいと思ってもお店の場所を探す、と言う行為が必要となります。
既存客へのアプローチなら良いですが、それならSNSを使用せずLINE公式アカウント等、既存客をフォローする媒体を使用した方が効果が高いです。

仕事で記事を書く場合は、記事が多くてマイナス要因になるのは「何度も書き込みされてて鬱陶しい」と思われるくらいのことでしょうか。

記事の効果は2種類あります。

・読んでくださる方に情報を伝える。
・SNSの仕組みに対し記事の露出を増やす働きをする。

記事の内容を良くするのはもちろんですが、それよりも「継続して定期的に書く」ほうが。仕組みに対して対策が出来、後の効果につながりやすいです。

Webの事、
集客の事なら、
なんでもお気軽にご相談ください!
今日も1日やったりましょう!(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。